自社でメディアをメリットって?オウンドメディアやコンテンツマーケティングについてわかりやすく解説!

集客や採用に課題を感じている企業にとって、サービスの認知度を上げることはかなり重要なステップです。

人は、数回目についた商品を意識するようになるものなので、自社サービスをユーザーの目に届かせることで購入者増加を見込めます。

オウンドメディアは、自社への興味関心が湧いたユーザーにサービス知識を与え、商品の購買意欲を掻き立てて、企業のファンになってもらうための道しるべとして利用することができるツールです。

【この記事が役に立つ人】
・オウンドメディアについてよく知らない人
・自社サービスの売り上げを上げたいと思っている人
・FacebookやTwitterなどSNSの運営から効果が実感できていない人
・企業やサービスの認知度を上げたい人

この記事では、オウンドメディアがなぜ企業にとって必要なのか、オウンドメディアを使うことのメリットやデメリットについてもお伝えします。

オウンドメディアとは?

企業が所有して運営することで、ユーザーに情報を発信するための媒体を「オウンドメディア」と呼びます。

ウェブマーケティングとして多くの企業に採用されています。ネット利用が身近になった現代、成功を収めている企業はほぼ確実にオウンドメディアを使っています。

主に、自社製品やサービスの情報を伝えるウェブサイトやブログが採用されることが多いです。パンフレットや定期マガジン、広告誌などもオウンドメディアとして扱われています。

見込み客となる人の触れるようにして、購入へとつなげることが、オウンドメディアの役割です。

コンテンツマーケティングとは?

オウンドメディアとよく似たワードとして、「コンテンツマーケティング」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

2つの違いは、オウンドメディアが「マーケティングをするための媒体」であることに対し、コンテンツマーケティングは見込み客の獲得を目指して行う「戦略」です。

位置付けとしては、「オウンドメディアはコンテンツマーケティングの1部」であると考えて良いでしょう。

とは言え混合されやすい理由としては、そもそもオウンドメディアの中に、「オウンドメディアを利用したマーケティング」というマーケティング要素が入っているからだと言えます。

この2つはどちらも、見込み客を獲得するために利用するべき重要な手法であると言えます。

オウンドメディアのメリットやデメリットとは?

オウンドメディアを扱うことに、デメリットはほとんど存在しません。

しかし、ポイントをおさえておかなくては、デメリットに繋がる原因になってしまいます。

まずはオウンドメディアのメリットからご紹介します。

オウンドメディアのメリットとは?

広告費がほとんどかからない

オウンドメディアの王道であるサイト運営の例を挙げます。

まずサイト運営に必要なのは、「ドメイン代」「サーバー代」以上です。

ドメインとは、URLと呼ばれるものだと思ってください。独自のURLを取得することで、初めてサイトを運営するための「家」を取得できます。

ドメイン代は年間費用が数百円から数千円のものを選ぶことができます。

毎月必要なものではないので、大きな負担にはならないはずです。

サーバーは、購入したドメインを運用するための「土地」です。

インターネット環境に自分のサイトを入れ込み、他者に見てもらうためには、サーバー上に土地を借りる必要があります。街に店舗運営するときに必要な「店舗の土地賃貸料」と同じだと考えてください。

これも、月に約1000円から契約することが可能です。

つまり、初期費用は大体2000円から、月運営費は約1000円で、世界中からアクセスをしてもらえるサイトを作成することができるというわけです。

もしサイトに載せる記事や、サイト全体の構造を制作会社に外注するのであれば、外注費がかかります。

ライターであれば個人かつ記事単位で雇うことができるので、必要な記事数を最低予算内で揃えることも可能です。

サイトが資産になる

1度サイトを作り上げておくと、24時間自動で働いてくれる資産になります。

よく「不労所得」と言われますが、ほとんど同じものだと考えて良いです。

いつどんなタイミングでも、ユーザーが自由にサイトに訪れて、購入して行ってくれます。

自分が寝ている時間でも働き続けてくれるのが、オウンドメディアなのです。

ファンを獲得しやすい

オウンドメディアに訪れて、記事のファンになってくれれば、ユーザーは何度もサイトを訪れてくれるでしょう。

ファンなら商品を買ってくれる可能性もグッとあがります。SNS等自身のメディアを使って宣伝をしてくれるかもしれません。

オウンドメディアは他人が自由に訪れることができることを強みに、広告幅を広げることが可能なのです。

オウンドメディアのデメリットは?

オウンドメディアのデメリットと言えば、「難易度が上がっている」ことです。

その実用性の高さから、多くの企業や個人がオウンドメディアを使って宣伝を始めています。

今までは、サイトを作っておけばある程度集客ができていた時代もありました。しかし、現在ではSEO対策を始め、しっかりと運営を行なっていかなければ競合他者に勝つことは難しいです。

とは言え、しっかりと対策を練っていれば勝ち残ることは可能です。

キーワード選定など、SEO対策を取り入れていきましょう。

【まとめ】オウンドメディアってなに?コンテンツマーケティングって?自社でメディアをメリットとデメリットもご紹介!

多少手間がかかりますが、育てていけば必ず広告費削減に繋がる方法です。

実際の運用支援に関しては、オンライン広報部でもおこなっております。

多少時間がかかっても、確実に資産となるものなので、1年以上を見据えて、一緒にファンを増やしていきましょう!

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について