広報活動をアウトソーシングするメリットとデメリットとは?必要性について解説

現代ではスマホやパソコンは1人1台持っていて当たり前の時代になりました。

誰でも気軽にインターネットへアクセスできるようになり、疑問が沸いたらまずGoogleやYahoo!を使って調べる人がほとんどです。

これはつまり、広報活動をすることで集客ができる可能性が高まっているということがわかります。

もはや売り上げを伸ばしていて、広報活動に力を入れていない企業はありません。

企業の実績を上げたいと考えているのなら、広報活動を見直してみてみるのも大切です。

広報活動のアウトソーシング(外部委託)をおすすめするケース

  • 現在の仕事で既に手一杯な場合
  • 具体的な広報活動方法がわからない場合
  • 今まで行なった広報活動で理想通りの結果が出なかった場合
  • 時代の流れにのった広報活動をしたい場合

この記事では、広報活動をアウトソーシングするメリットとデメリットに加え、広報活動をアウトソーシングする方法を具体的にご紹介します。

広報活動をアウトソーシングするメリットとは?

まずは広報活動をアウトソーシングするメリットについて詳しくお伝えします。

結論から言うと、広報活動について専門知識がない企業にとってはアウトソーシングをすることにメリットしかありません。

手間なしに広報活動ができる

単純に広告を作るだけで収益につながるわけではありません。

広報活動では、正しい場所に正しい情報を置くことで、成果を出すことが重要です。

そのためには、顧客に届き、響く広報をほどこす必要があります。

広報の専門知識がない場合、まず「SEO」に関する知識をつけ、マーケティングや心理学の技を取り入れた戦術を身につけることを怠ることはできません。

さらに、つけた知識を形にする技術も必要です。

そして、形になったものを日々継続することで初めて広報としての力を発揮します。

つまり、「効果を最大限に活かした継続が買える」ことに最大のメリットがあると言えます。

コストパフォーマンスが高い

広報をするための人員を雇いゼロから広報活動を始めるよりも、はるかにコストパフォーマンスが良いです。

ただし、かなり高額で業務を引き受けている企業や、詐欺のような行動をしている業者もあるので、見極めて委託することが極めて重要です。

時代の傾向を入手できる

通常業務ではわからない、時代の傾向に順応した方法で広報活動を続けることができます。

企業側から見えている世界と、顧客側から見えている世界では差が生じるものです。

広報活動をアウトソーシングすることで、プロの目線から両者のすり合わせをした上で、効率良い集客が見込めます。

広報活動をアウトソーシングするデメリットとは?

反対に、広報活動をアウトソーシングするデメリットについても触れておきます。

情報共有の時間が必要になる

広報活動をする企業との打ち合わせをする時間が必要になります。

企業の理念や背景について深い理解を仰ぐことで、より効果的な広報ができるようになると言えます。

しかし、基本的に情報共有はあらかじめ行うものなので、継続的にアウトソーシングをする場合には時間の削減ができます。

より良いパートナーとしての信頼が築くことができれば、広報活動企業からの最新情報も素早くキャッチすることができるでしょう。

社内にノウハウが残りにくい

広報活動自体のノウハウを教養されるわけではないため、社内にノウハウが残りにくいです。

常にアウトソーシング先の企業へ依存した形の広報活動がメインになることが予想されます。

とは言え、効果的に広報をする方法は、日々移り変わっているものです。

先月のノウハウが、来月には役に立たないようなケースも考えられます。

ノウハウを貯蓄するための労力は、アウトソーシング先企業に任せてしまうのは手です。

低コストで最高の広報活動を!アウトソーシングは「オンライン広報部」へ

広報活動のアウトソーシング企業の中でも、低コストで運営し実績を誇る「オンライン広報部」についてご紹介します。

オンライン広報部の実績

  • 新サービスがメディアに取り上げられた
  • SNSのフォロワー増加達成
  • ブログ記事作成による集客成功
  • YouTube動画の再生回数アップメディアからの来店数増加

多くの広報活動企業が月額10万円以上と高額であるにも関わらず、詐欺のように実績が返ってこない被害が生じています。

一方「オンライン広報部」では、月額5万円から多岐にわたる広報活動のサポートを行っています。

「オンライン広報部」の強み

ツールを使わず、細かい作業によって着実に成果を上げていくことに特化しています。

だからこそ、ご利用アカウントの凍結や消去をされた事例がありません。

また、広報活動に利用するホームページの作成や記事についても、ゼロから製作が可能です。

ブログやメルマガの代行も行っているので、幅広い広報活動に対応可能です。

バックオフィス業務の効率化を図っている企業それぞれの予算に合わせた提案に優れているので、是非お気軽にご相談ください。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について