セールスライティングとコピーライティングの違いをプロのライターが解説!

この記事を読んでる方は、恐らく何かしらでライティングのことを知りたい方かと思います。

今はネット上での発信が物凄く大事な時代、ブログにしてもSNSにしても、自分を表現するためには「ライティング」の力が重要になってきます。

ひとえにライティングと言っても色々種類がありますので、この記事では「セールスライティング」と「コピーライティング」の違いについて解説していきます。

セールスライティングとコピーライティングの違いと特徴

ランディングページやビジネスの広告を作成している人にとっては、よく聞く言葉でもあるセールスライティングとコピーライティングですが、はっきりと違いを理解している人は少ないかもしれません。

ただ、WEBサイトや広告について興味を持ってもらうためには、その都度どちらを選択するべきなのかを判断することが重要になります。

まずはしっかりとセールスライティングとコピーライティングの違いを理解しておきましょう。

セールスライティングとは

セールスライティングとは、言葉の通り「物を売るため」に書く文章のことです。

一般的にはDMやチラシなどがわかりやすく、WEBサイトでもセールスライティングは多く見受けられます。

セールスライティングの場合は、パッと一文を見た時に「気になる!」と思ってもらうような文章を書くことです。

特にタイトルにこだわりを持つことが多く、見た人が「どんな内容だろう?」興味惹かれるような始まりが特徴的だといえます。

そこから、多くの人の悩みに沿うような形で文章は進み、最終的には売り込みたい商品やサービスで悩みが解決し、満足感を得られますということを伝えます。

人の心や体を動かすためのライティングなので、「今だけ」とか「先着限定◯名様」という言葉を使って「今行動しなくちゃ!」と思ってもらうような書き方をしています。

セールスライティングは、文章で上手なことを言わずとも、人が興味を持つような言い回しや商品知識の方が重要になることも特徴的です。

セールスレターと呼ばれるくらいに長文が書かれているものなので、しっかりと商品の良さを知っていなくては書くことができません。

「そのうちみてみよう」では、セールスライティングとしては失敗で、「気になるから今聞いてみよう」と行動してもらわなくてはいけないので、セールスライティングはよりアクティブな文章になります。

コピーライティングとは

コピーライティングは、「イメージをアップさせるため」に書く文章のことです。

短い文章が多いことが特徴で、パッと見ただけでも心に残り、注意が引き付けられるような言葉選びをする必要上がります。

商品そのものに対しての言葉ではなく、商品に添えると一層魅力的になるようなフレーズが意識されていて、印象を良くすることに趣を置いています。

人の心に訴えかけ、月日が経って見た時も「あ、これってあの商品のフレーズだ」と思わせるような記憶に残るものを書くことがコピーライティングの醍醐味です。

その分、言葉の美しさや強さを考えながら宣言文句を作り上げることが大事なので、イメージ豊かな文章になります。

セールスライティングとコピーライティングでは目的が違う

セールスライティングとコピーライティングは、文章の長さや書く時の意識も当然違ってきますが、1番の違いは目的です。

セールスライティングの場合は販売をすること、買ってもらえるように動いてもらうことを目的としていますが、コピーライティングはフレーズとともに商品を記憶に留めてもらうことを目的としています。

つまり、目に見える売り上げの違いだったり、数値での違いというものはセールすらイエィングとコピーライティングでは比較ができません。

こうした違いを理解していないと、目的に沿ったライティングはどちらなのか?成果を上げられそうなのはどちら?という判断が明確にできないと言えます。

わかりやすく数値で比較検討できるのはセールスライティングの方ですが、コピーライティングの方は数値化できない代わりに商品のイメージアップ、という数値だけでは計り知れない効果も期待できます。

目的意識をきちんと持つことが、セールスライティングとコピーライティングの違いを上手に判断する秘訣です。

セールスライティングとコピーライティングの違いを知って使い分けよう

セールスライティングとコピーライティングの違いを理解した上で、その時々によってライティングを使い分けてみましょう。

物を売りたい、という1つの目的だったとしても、例えば「すぐに購入するように促したい」のであればセールスライティングが向いていますし、逆に「露骨な宣言はしたくない」のであればコピーライティングの方が顧客の心をくすぐります。

どちらがよくてどちらが悪い、ということはなく、その時々の目的や顧客へどんな印象を与えたいのかということによって使い分けることが大事です。

それぞれの特徴を生かしてライティングを行うことが、最も商品を輝かせる秘訣なので、そのように集客したいのかをまずは考えてみてください。

迷ったらプロに任せるのも1つの手

セールスライティングとコピーライティングの違いは理解していても、実際ライティングをする場面で、この時はこっち!というように的確に判断することが難しい場合もあります。

オンライン広報部」はライティングのプロです。

例えば、検索上位に商品やお店を表示させた実績もたくさんございます。

売り上げに繋がったという声も多数いただいております。

ライティングが集客アップの基本でもあるので、自身で迷った時はライティングのプロに是非お任せください。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について