バックオフィスの重要性を解説!やりがいをもって働いていれば利益につながります!

コロナウイルスの影響もあり、現在は、対面でのやりとりがオンラインに切り替わりつつあります。

特定の業種は、オンライン化がまだ進んでいませんが、オンライン可能な業務は、どんどん切り替える必要が出てきました。

今回は、バックオフィス業務の重要性について解説し、オンライン化を推進することで、どういった効果がるのかについてみていきたいと思います!

バックオフィスとは?

バックオフィスの概要

バックオフィスとは、会社の中核的な業務を担う部門の仕事のことを指します。

例えば、総務、経理、人事などの、会社の裏方として、営業などの他部門の仕事がしやすい環境を提供することで、事業の効率化、健全化などを図ることで、結果的に会社の利益に貢献する仕事を指します。

会社で、給与が支払われなかったり、残業代が支払われなかったりすると、従業員は仕事に集中することが出来ず、能率が下がります。

 現在では、一部の企業により、長時間労働、パワハラ・モラハラなどの職場のハラスメント行為など、職場の問題が浮き彫りとなっており、これまで以上にバックオフィス業務の果たす役割は増してきていると言えます。

バックオフィス業務のオンライン化とは?

これら会社の根幹を成すバックオフィス業務ですが、オンライン化をすることが出来れば、企業のコア業務に時間を割くことが出来るので、出来るだけ庶務に関しては、外注化できるとより収益性も高まると言えます。

 例えば、請求書関係で言えば、捺印、収入印紙の購入、郵送などの庶務に関しては、外注化することで、本来の経営資源の確保に関する業務である採用計画の見直しや従業員の職場改善計画などへ時間を配分することが出来ます。

バックオフィスサービスを提供している会社のご紹介!

オンライン管理部とは?

AMEMIでは、企業のバックオフィス業務を代行するサービスである「オンライン管理部」というサービスを提供しています。

代表は、ベンチャー企業のバックオフィス業務を10年以上経験しており、取締役CFOを7年、IPO準備など豊富な実績の基、バックオフィス業務代行サービスを提供しています。

その為、安心してサービスを利用することが出来ますね。

オンライン管理部のバックオフィス代行サービス一覧

では、どういったバックオフィス代行サービスを提供しているのかみてみましょう。

具体的には、以下のバックオフィス業務の代行サービスを提供しています。

・データ管理

Excelへのデータ入力、集計(勤怠管理/経費集計など)、会計ソフトへの入力、顧客リスト作成など

・書類作成

機密保持、雇用契約書などの契約書作成補助、パワポを使った営業資料作成など

・リサーチ

ネットを使った簡単な市場調査、SNSを使用したアンケート作成など

・デザイン

ウェブサイトの簡単な修正、会社案内作成など

・ライティング

SEO対策がされたブログ記事作成、メルアガ発行、プレスリリース記事作成など

・メールサポート

お問合せ窓口、やりとりの代行など

 これらのバックオフィ業務代行サービスを提供しているので、このサービスを活用すれば、本来のコア業務へリソースを集中させることが出来ます。

その為、うまくこれらのサービスを活用して、業務の効率化を図りましょう。

オンライン管理部でできないこととは?

オンライン管理部でできないことが1つあり、電話の代行サービスは行っておりません。

この点を踏まえて、サービスをうまく活用しましょう。

気になる料金について

では、気になる料金についてみていきましょう。支払い方法は、月額払いと年間一括払いで大きく2つに分かれており、年間一括払いの方が、月額払いよりも年間50,000円お得となっています。又、ライトプラン、スタンダードプラン、ミドルプラン、プレミアムプランに分かれており、月の業務時間によってプランが決まっています。例えば、月に20時間のバックオフィス業務を代行してもらいたい場合は、以下のようになります。

・ライトプラン 月額100,000円(税別)を選択

 もし年間一括払いを選択した場合は、1150,000円(税別)となり、年間50,000円お安くなります。

 他社と比較しても、時間で区切っている料金体系を採用しており、サービスで区切っていないので、月でみると安く、そして臨機応変にバックオフィス業務代行サービスを活用することができると言えます。

まずは、ライトプランからサービスを活用してみて、必要であれば、プランを変更してみるのも良いかもしれません。

在宅ワーカーを募集中

現在、AMEMIでは、在宅ワーカーを募集しています。

介護や育児などで、就業時間を確保できずにいる人でも、やる気さえあれば、オンラインで完結する業務なので、やりがいをもって働けます。

中々、就業先を見つけるのが困難な方で、在宅ワークをしてみたい方は、ぜひ一度AMEMIの問い合わせフォームから、応募してみましょう!

【まとめ】バックオフィスの重要性を解説!やりがいをもって働いていれば利益につながります!

感染症対策の観点からも、仕事上発生する無駄なやりとりや業務は出来るだけ外注化させ、業務のコア事業にリソースを集中させることが、今後事業を発展させていく上で、重要になってくると思います。

又、在宅ワーカーも同時に募集しているので、やりがいをもって働きたい方は、この機会に在宅ワークデビューしてみてもいいかもしれませんね。

この記事についてのご質問は「オンライン管理部」まで

☞「オンライン管理部」について