年賀状に気の利いた一言を!お客様向けの堅い文例&フランクな面白い文例をご紹介!

年賀状は会社や、あなたのイメージを左右する大切なものなので、気の利いた一言を添えたいですよね。

そこでこの記事では、お客様宛の年賀状で使える文例をご紹介します。

堅めな一言、フランクな一言、それぞれをお伝えするので、ぜひお客様に合わせて使い分けてください。

お客様に向けた、年賀状の一言

お付き合いを始めて日が浅いお客様や、フランクな雰囲気を好まないお客様には堅実な文章を添えましょう。

感謝を伝える

年賀状は新年の挨拶はもちろん、感謝の気持ちを伝えることにも使えます。丁寧に気持ちを綴りましょう。

・昨年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます

・旧年中は並々ならぬご厚情を賜り心より感謝申し上げます

努力や抱負を綴る

今年の意気込みなどをお客様に伝えることも好印象です。

努力が伝わればお客様からの信頼も厚くなります。

・今年も皆様のお役にたてるよう一層の努力をもってご厚情にお応えしてまいります

・本年もさらなるサービス向上に向け気持ちを新たに取り組んでまいります

名前や具体例を入れる

お客様の名前や、購入された商品名など具体的なキーワードを入れると、印象に残りやすいのでおすすめです。

・本年も○○様のお力になれるよう精進いたします

・その後○○の調子はいかがでしょうか

次に繋がる一言を入れる

次回来店に繋げるための一言も効果的です。

しかし、ただ「ご来店ください」とするのではなく、お客様に信頼され安心感を与える一言を目指しましょう。

・またお目にかかれますのを楽しみにしております

・近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りくださいませ

フランクなお客様に向けた、年賀状の一言

普段からフランクに接してくださるお客様には、ユーモアを織り交ぜた年賀状を送るのもおすすめです。

次回来店時、お客様との会話も弾むかもしれませんね。

自然体で親近感をプラス

自分が知っているお客様の趣味や、情報を活かした一言は自然体で、親近感を与えます。

お客様の人柄を思いながら書いてみましょう。

・またおすすめの本を教えてくださいね

・ご家族と楽しいお正月をお迎えのことと思います

相手の幸せを願う

大切なお客様の幸せを願う一言も、とても喜ばれる文章です。

積極的に取り入れましょう。

・○○様にとってよい一年になりますように

・○○様の穏やかな毎日をお祈りしています

自分の目標を伝える

自分の個人的な目標を添えるのも、ユーモアがあり楽しく読んでもらえます。

目標が現実的過ぎるとお客様も反応に困るので、軽めのものを選んでくださいね。

・今年はダイエットにチャレンジしたいと思っています!

・今年の抱負は風邪をひかないことです!

体調を気遣う

年賀状を送る時期は風邪やインフルエンザのシーズンでもあるため、体調を気遣う一言を添えるのもおすすめです。

・風邪などひかないようお体に気をつけてください

・健康に気をつけて良い一年をお過ごしください

年賀状に一言添えるときの注意点

年賀状に一言を添える際には、注意すべきポイントが2つあります。

せっかく気の利いた一言を添えるのですから、あわせてマナーも身に着けましょう。

忌み言葉は使わない

忌み言葉とは、おめでたい場では使用を控えるべき言葉や漢字です。

例えば「去る」「衰える」「終わる」などがあげられ、年賀状では使用しません。

よって「去」という漢字が含まれている「去年」は、「旧年」「昨年」と書くように注意しましょう。

句読点ではなく改行を使う

年賀状には「、」や「。」など句読点も付けません。

その理由は、句読点は区切りや終わりを意味するため、お祝い事では使用を避けるのがマナーだからです。

どうしても一言が長くなる場合は改行を利用して読みやすさを工夫してください。

年賀状に気の利いた一言を!お客様向けの堅い文例&フランクな面白い文例をご紹介まとめ

年賀状の一言は、添えたほうがお客様に読んでもらいやすく喜ばれます。

なかには、字が汚いことを気にする方もいますが、年賀状の一言で大切なのは字の美しさではなく丁寧さです。

丁寧な文章と文字は、お客様にも必ず伝わります。

ぜひこの記事を参考にお客様に喜ばれる年賀状を書いてみてください。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について