オンラインでの名刺交換のやり方と無料でできるオンライン名刺交換ツール2選

在宅ワークや非対面営業の推進によってビジネスをオンライン上で進める事が多くなってきました。

便利な反面、従来のビジネスマナーでは対応に困る場面も…。

特に名刺交換はその筆頭と言えます。

オンラインで名刺交換をする時はどうしたらいいのでしょうか?

今回はそんな方のために、オンラインで名刺交換する方法と無料で今すぐ使える名刺交換ツールをご紹介します。

web会議で名刺交換をする方法は?

オンライン上で名刺交換をするには主に3つの方法があります。

名刺データを送付する

オンラインでの名刺交換ツールを使って作成した名刺データはURLで管理できます。

メールやチャットの欄に自身の名刺URLを貼り付けて相手に自分の名刺情報を送付します。

この方法なら相手の使用する名刺交換ツールによらず、名刺情報を相手に届けられます。

名刺交換ツールを利用する

相手が自分と同じ名刺交換ツールを利用していた場合は名刺交換ツール内でのやり取りが可能です。

多くの場合、名前や電話番号で検索し相手に名刺交換リクエストを送るといった方法になります。

QRコードとして背景と組み合わせる

名刺交換ツールで作成した名刺のQRコードを、web会議システムのバーチャル背景と組み合わせる方法もあります。

この方法ならweb会議における自分の背景に名刺のQRコードが映し出されるようになります。

あとは相手が画面上から取り込むだけで名刺を渡すことができます。

無料のものだけ!オンラインで名刺交換できるツール2選

実際に名刺交換するのに便利な無料の名刺交換ツールをご紹介します。

eight

Eightはsansanが運営する名刺交換アプリです。

アプリの利用には無料プランと有料プランがあります。

自分のスマホで名刺を撮るだけでクラウドにデータを無制限に保存でき、いつでもその名刺情報にアクセスができます。

自分の名刺を登録する時

自分の名刺をスマホで撮り、プロフィールを入力します。

顔を直ぐ思いだしてもらえるようなアイコン写真、5000字まで登録が可能なキャリアサマリ、スキルタグなどが入力できるのも魅力的。

もちろん過去の名刺を登録して職歴管理する事も可能です。

充実したプロフィールにアレンジしましょう。

相手から名刺をもらった時

相手から名刺をもらったら、スマホで最大4枚まで同時にスキャンができます。

もちろんQRコードやURLで名刺をもらい同期することも可能です。

「名前」「会社名」「メールアドレス」「電話番号」はその場でデータ化できるので名刺交換したその日にお礼のメールを送る事もできます。

名刺登録時に設定するタグで名刺を楽に管理できます。

例えば「大学同級生」「同僚」「●●レセプション」など、いつどこで交換した名刺なのか探しやすくなります。

また相手が昇進などで名刺を変えた場合、すぐに通知が来るので相手の近況がわかります。

名刺を交換する時

Eightを使って名刺交換をするさい、一番手軽な方法はQRコードを表示する方法です。

web会議やオンライン商談中に、アプリのQRコードで名刺交換を選んで相手に読み取ってもらえば名刺交換が完了します。

他にもオンライン名刺のURLを使う方法や、相手を検索して名刺を交換する方法などもあり便利です。

https://8card.net/

myBridge

myBridgeはLINEが運営する名刺交換アプリです。

全てのサービスが無料で使用できるのが魅力です。

無料のため、あまり多くのサービスや細やかな配慮は期待できませんが、シンプルで使いやすい点が評判です。

自分の名刺を登録する時

自分の名刺を撮影してOKボタンを押すと2時間弱で名刺情報が入力されアカウントが出来上がります。

万が一間違った情報が入力されていても、手入力で修正が可能です。

相手から名刺をもらった時

相手の名刺をスマホで撮影したり、名刺交換のURLをクリックしたりすることで名刺を保存できます。

登録した名刺情報や他の名刺交換サービスと連携することも可能です。

また社内のメンバーと手軽に名刺をシェアし、社内で一括管理できて便利です。

相手と名刺交換する時

Mybridgeを使って名刺を交換する時はまず、名刺を渡したい相手にオンライン名刺のURLを送ります。受け取った相手が、URLを確認して保存すれば名刺交換完了です。

eightと同様に、web会議やオンライン商談の背景にQRコードを貼り付ける事もできます。

https://jp.mybridge.com/home

オンラインでの名刺交換、まずは無料ツールからトライ!

かつて名刺交換は分厚い名刺管理ファイルとセットでした。

顔写真などが付いてないことも多く、後から見返して「これ誰だっけ?どこで会ったんだっけ?」ということもしばしば…。

「管理が面倒だし時間の無駄だから、名刺交換なんて不要」

そんな風に考える人もいますが、名刺交換をすることで相手の事をもっと深く知る事ができます。

挨拶や話のつかみとしてはもちろんの事、所属や肩書など相手の仕事について理解できますし、人脈を作るために欠かせない機能を名刺交換には備わっています。

オンラインでスムーズに名刺交換することで、ビジネスの幅がもっと広がりますようにお祈りしています。

今回ご紹介した無料の名刺交換ツールで、オンラインでの名刺交換にぜひトライしてみてくださいね。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について