【ECサイトの作成費用】相場や外注するコツを徹底解説!

ECサイトを作成するのに業者へ見積りをだしたら、各社によって金額が大きく違う。

各社の違いがわからない…。

こんな風に悩んでいるweb担当者の方はいませんか?

本記事では「ECサイトを外注する時の費用相場と内訳」や「業者選びのコツ」をわかりやすく解説していきます。

ECサイト作成の費用相場は構築方法などで違う!

『モール型』10万円以下

Amazonや楽天市場など、ショッピングモール型のプラットフォームで出店します。

モール型で出品するメリット

モール型でECサイトを作成するメリットとしては、モール自体に集客力がありユーザーに信頼されやすいところです。

メンテナンスなども、各モールのサポートが受けられるので安心。

初期費用が少ないため「低コストでECサイトを作成したい」という方に向いています。

モール型で出品するデメリット

カスタマイズがしにくいので独自性が出しにくい点でしょう。

そして商品が売れた時は一定の割合を課金されてしまうため、収益性は自社ECの方が高いといえます。

『ASP』10万円~100万円

ShopifyやBASEなどインターネットを通してサービスを提供しているプラットフォームを利用して出店する方法です。

ソフトをインストールする必要はなく、ネット上で簡単にECサイトを作成できます。

ASPで出品するメリット

構築費用や維持費用が低コストです。

チュートリアルに沿って操作するだけで、簡単にECサイトを作成できます。

ASPで出品するデメリット

モール型と同じく、ASPもプラットフォームを借りて出品している状態なので、カスタマイズ性は低いので注意しましょう。

独自性の強いデザインにはできません。

また自社のシステムと連携するのも難しいので「ECサイトをゆくゆくは大きく展開したい!」という方には不向きでしょう。

『オープンソース型』100万円~500万円

EC-CUBEやMagentoなど、「プログラムが無料で公開」されている

ECサイトの作成システムを利用します。

オープンソース型のメリット

無償で利用できて、自由にカスタマイズができる点が大きな魅力です。

例えば消耗品を取り扱っている企業であれば「定期購入機能」をつけることも可能です。モール型やASP型のサービスではこうしたカスタマイズはできません。

オープンソース型のデメリット

カスタマイズをするには、プログラミングの知識が必要です。

またサポートもありませんので、問題が発生した時は自社で解決しなければなりません。

もちろん、セキュリティ面でも自社で責任を負います。

「とりあえずECサイトを作成してみたい」という方には、オープンソース型は多機能過ぎて使いこなせない可能性があります。

『パッケージ型』500万円~

OrangeECやecbeingなどは、ECサイトの構築システムを開発・販売している企業です。

パッケージ型のメリット

パッケージ型はカスタマイズ性がひじょうに高いのが特徴です。

大規模なECサイト構築にも対応しています。

またECサイトの構築だけでなく、ECサイトの公開後もサポートを受けられます。

パッケージ型のデメリット

初期費用、維持費用、バージョンアップに費用がかかります。

またカスタマイズ性、デザイン性が高い事もあり、製作期間も2ヵ月~5カ月ほどかかることが多いので注意が必要です。

『フルスクラッチ』1000万円~

フルスクラッチは、既存のシステムやアプリケーションを一切しようせずにオリジナルでシステムを構築する手法です。

フルスクラッチのメリット

最もカスタマイズ性、デザイン性が高いのが大きな特徴です。

技術的な制限がないため、企業の課題やユーザーからの要件に対応が可能になります。

大規模なECサイトを作成し、自社システムとも連携させたいと考えている方にはおすすめです。

フルスクラッチのデメリット

構築費用、維持費用が高いのがデメリットです。また1からシステムを構築するので、製作期間が長くなるので覚えておきましょう。

独自でシステムを開発するので、不具合が起こりやすく「とりあえずECサイトを作成してみたい」という方にはおすすめできません。

ECサイトの費用相場を気にする前に運営のコツ

外注前にKPIを設定しよう

KPIとは「目標を達成するうえで、達成度合いをはかる指標」のこと。

企業の目標を細分化したものです。

ECサイトを外注して見積りを出す前に、必ずこのKPIを設定しましょう。

例えば

「サイトの訪問者を増やす」

「リピーターを増やす」

などがECサイトを作成するさい、よく設定されるKPIです。

競合のECサイトを確認しよう

すでに実績のあるECサイトを研究しておきましょう。

競合サイトのシステムやサービスは、どのようなものがありますか?

実際に成功しているECサイトを分析すると、自社に足りないもの、これからの課題などが見えてきます。

例えば

「販売している商品の種類や内容」

「クーポンやキャンペーンの内容」

「集客方法や接客の内容」

などは見ておくと良いでしょう。

ECサイトの作成費用についてまとめ

ECサイトを外注するさいは、費用相場だけでなく会社ごとの特色や使用するシステムも確認しましょう。

どのようなECサイトを作成したいのか、企業として目標をどこに設定しているのかによって選ぶべき業者が違います。

「ECサイトを作成するのは初めてだからコストを抑えたい」

という方と

「ECサイトの規模が大きくなってきたから、今抱えているこんな問題を解決するようなシステムを検討している」

という方では、選ぶべき業者もECサイト構築の手法も違います。

AMEMIが運営するオンライン広報部では、ECサイトの作成や運営などのご相談も承っております。

是非、お気軽にご相談下さい。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について