ユーチューブを始めるには!?スマホだけでユーチューバーになる方法を下準備から徹底解説!

ユーチューブは個人で運営するテレビ局のようなもの。

他の人が作成した動画を見ているうちに、自分でもやってみたいと思った事はありませんか?

今回の記事では、初心者の方向けにユーチューブの始め方を解説します。

実はPCがなくてもユーチューバーにはなれるのです!

ユーチューブを始める前にすべき3つの下準備

ユーチューブでのハンドルネームやチャンネル名を決める事はもちろんですが、やっておくべき下準備が3つあるので解説していきます。

チャンネルの方向性を決めておこう

「ユーチューブを始めたいのですが、どんなジャンルがおすすめですか?」

これはユーチューブを始めたいという方からよく頂く質問です。

まずは『自分の好きなもの』から始めてみましょう。

というのも、自分に興味のないジャンルに手を出しても続かないからです。

また競合の多いジャンルも、再生数を伸ばすのが難しいので、以下のような人気ジャンルで始める時は覚悟しておきましょう。

<ユーチューブで人気のジャンル>

  • ゲームの実況
  • ●●やってみた
  • 料理
  • メイクの方法
  • ペットなど動物

収益化には時間がかかることを知っておこう

先ほど、ジャンルを選定するさい興味のないジャンルを選んでも続かない。という話をしました。

というのもユーチューブを収益化するには、最低でも半年、平均的な期間では1年~1年半ほどかかるため。

ユーチューブの広告収入を得るためには以下の条件をクリアする必要があります。

  • 有効な公開動画の総再生時間が直近12カ月で4000時間以上
  • チャンネル登録者数が1000人以上
  • ユーチューブの収益化ポリシーを遵守している

特に上の2つはクリアするのがとても厳しいのでご注意を。

再生時間は何本も動画を投稿し続けることで達成が可能です。

しかしチャンネル登録者数に関しては、ユーザーが「このクオリティの動画ならもっと見たい」と感じないと登録してもらえません。

動画を投稿し続ける意思を持とう

ユーチューバーになるための、たった一つの条件をご存じでしょうか。

それは「動画を投稿し続けること」。

というのも、ユーチューブデビューした方のほとんどが、半年以内に動画の投稿を止めてしまいます。

再生回数が伸びないためです。

もちろん、自身の趣味でユーチューブに動画を投稿する場合は気にしなくて良いでしょう。

ただし稼ぐためにユーチューブをする場合、反応がなくても途中で止めては、もったいないですよ!

まずは半年で30本を目標に投稿してみてください。

スマホでユーチューブを始めるための4ステップ

チャンネルを開設しよう

まずはGoogleにアカウントを作りましょう。

Googleにアクセスしたら、右上のログインボタンを押しましょう。

アカウント作成をタップし「自分用」を選び「次へ」を押しましょう。

次の画面で氏名を入力し、メールアドレスに使うユーザー名を決めます。

時間があれば電話番号認証と再設定用のメールアドレスを入力し、プライバシーポリシーに同意すればGoogleアカウント作成は完了です。

Googleのアイコン横にある■マークをタップし、ユーチューブをタップしましょう。

ユーチューブを開いたら右上の人型アイコンをタップし、先ほど作成したGoogleアカウントの情報を入力すれば操作完了です。

チャンネルをカスタマイズしよう

ユーチューブには「デフォルトチャンネル」と「ブランドチャンネル」があります。

デフォルトチャンネルはGoogleアカウントで設定した名前がチャンネル名になり、ブランドチャンネルは自身で設定した名前をチャンネルに使う事ができます。

スマホアプリの場合、ブランドチャンネルが設定できないので、自身のアイコンをタップして「パソコン版」を選びましょう。

右上のアイコンをタップし「設定」を開きます。

「チャンネルを追加または管理する」をタップしましょう。

「新しいチャンネルの作成」をタップし、好きなブランドチャンネル名を入力してください。

「作成」を押せば作業は完了です。

ここで紹介した設定画面では、以下のようなカスタマイズも可能です。

・プロフィール写真の追加

・チャンネル概要欄に説明文を入力

・バナー画像を設定

・自身のブログやSNSなどとリンクさせる

動画を投稿しよう

スマホで好きな動画を撮ったら編集して投稿してみましょう。

スマホで動画を撮る場合、無料の編集ソフトを利用しましょう。

サムネイルの作成も無料のものがあるので、高い費用を最初から投入することはありません。

余裕が出てきたら、テロップを追加したり音楽や効果音をいれたりとアレンジしてみて。

動画を投稿するには、ユーチューブアプリを開いた右上のカメラマークをタップします。

「動画」を選んだら、投稿したい動画をスマホから選択してください。

「次へ」をタップすると、タイトルと説明文を入力する画面になります。

入力が完了したら「プライバシーを非公開」にして、右上にある「アップロード」を押しましょう。

今度は投稿した画像の右にある縦に並んだ3点をタップしてください。

「編集」から「タグ」を入力して保存しましょう。

最後に「プライバシーを公開」に設定すれば投稿が完了です。

チャンネルを育てていくための3箇条

ユーチューブは動画を投稿して終わりではありません。

その後、試行錯誤を重ねなければ、素敵な動画も見てもらえません。

動画を投稿した後、試して頂きたい3箇条を解説します。

動画の本数

初心者であれは、まずは30本を目安に動画を作りましょう。

30本作り終えたら50本、50本達成したら100本というようにステップアップしていくようにしましょう。

いきなり「100本撮るぞ!」と息巻いても、疲れてしまうもの。

まずは10本でも良いので、動画を投稿し続けましょう。

思わずクリックしたくなるタイトルにする

検索結果に表示され、ユーザーがクリックしたくなるタイトルにしましょう。

初心者にオススメなのが「数字を入れる方法」です。

『朝の3分で1日中キレイなメイク』

『たったの5分で超絶おいしいおつまみ』

『10分でわかる●●』

のように、数字をタイトルに入れると、わかりやすく、ユーザーが「何だろう?」と感じやすくなります。

目にとまるサムネイルにしよう

スマホの場合、専用のアプリを使う事でサムネイルを設定できます。

とはいえ、サムネイルはどうやって作ればいいのでしょう。

サムネイルを作成する無料のツールは検索すればたくさん出てくるのでここでは省略します。

一般的に「ユーザーが好感を持つサムネイル」には特徴があります。

  • 文字数が少ない事
  • 統一感があること

文字や用語が多かったり、ゴチャゴチャしたりと見えにくいサムネイルではクリックしてもらえないでしょう。

また統一感を持たせることで「●●さんの動画だな」とわかりやすくなります。

色やフォント、縁取りなどブランディングして印象付けていきましょう。

ユーチューブを始めるには!?まとめ

今はスマホ一台で誰もが簡単にユーチューバーになれます。

とはいえ、動画を投稿し続けるのはかなり厳しい道のりです。

まずは30本の動画を撮り、半年続けてみる、ことを目標に始めましょう。

半年から1年経つと、少しずつ視聴者から反応が出てきます。

チャンネル登録者が増え、反応が見えるようになると劇的に面白く、楽しくなりますよ!

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について