スポンサーリンク

メモ

サスティナブルとは?簡単にどこよりもわかりやすく解説!

少し前から耳にするようになった「サスティナブル」という言葉。

なんとなく、「SDGs」の仲間なのかな?って思ってる人も少なくないと思いますが、意味を説明するとなると少し自信なくなってしまう人も多いのでは。

この記事では、「サスティナブル」についてどこよりもわかりやすく解説いたします。

サスティナブルという言葉

「サスティナブル」という言葉は英語で書くと、「Sustainable」。

「sustain」が「持続する」という動詞で、それにable(~できる)をくっつけた単語で、意味は「持続できる」とか「持ちこたえられる」になります。

sustainableの読み方

前項では、恐らく一番多く使われているだろう「サスティナブル」とカタカナ表記しましたが、中には「サステナブル」や「サステイナブル」と表記されているのも見かけます。

どれが正しいカタカナ表記?と迷ってしまう人もいるかも知れませんが、今のところどれも間違いではないというところです。

サスティナブルの背景

どうして最近になって「サスティナブル」という言葉が使わるようになったかというと、冒頭にも述べたように「SDGs」が背景にあります。

SDGsについては、過去に何度か記事を書きましたので、そちらをご参照下さい。

【SDGs】sustainable development goalsの読み方とその中身 最近よく目にする「SDGs(エスディージーズ)」という言葉。 認知度は上がってきていますが、読み方や具体的な中身など、ご存じの方...

ざっくり言うと、「持続可能な社会を目指す」というところで、細かく目標設定されているのがSDGsになります。

サスティナブルという言葉も、先ほど説明した通り「持続できる」という意味になりますので、持続できる社会を考えていく時に使います。

サスティナブルな社会

サスティナブルという言葉の背景にSDGsがあることがわかりましたが、よく「サスティナブルな社会」という風に使われたりします。

これは「地球に優しい社会」という風なニュアンスに近いかと思います。

例えば、「エコ」という言葉を耳にした事がある方は多いかと思いますが、下記のような取り組みが「サスティナブルな社会の実現」のために私たちができることです。

・リサイクル
・フーロドス削減
・省エネ
・マイボトル持参

他にもたくさんあるとは思いますが、わかりやすいところで一例を挙げさせていただきました。

逆に言うと、他にできることは、どんどんアイデアとしてシェアしていき、みんなで行動していくことが「サスティナブルな社会の実現」へと繋がるのではないかと思います。

「今だけ」「自分だけ」思考にならず、「未来」「子ども達」など他者を思いやれる心を大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク