アウトソーシングと派遣の違いは?特徴を知って業務効率アップ!

「アウトソーシングと派遣って何が違うの?」

「これを頼むなら、アウトソーシング?派遣?」こんな風に悩んでいる方は多いですよね。

今回の記事では、そうした悩みを解決すべくアウトソーシングと派遣の違い、特徴などを解説します。

アウトソーシングと派遣の違いとそれぞれのメリット・デメリット

アウトソーシングと派遣の一番の違いは、頼む相手が『企業』か『人』かという点です。

アウトソーシングを利用した場合、企業に仕事を委託することになります。

企業に業務自体を丸投げするため、仕事の方法、例えば進め方や人材の管理、作業スペースなどは委託した企業に任せられます。

作業スペースなどを考慮しなくていいなどのメリットもありますが、自分の会社にノウハウが残らないというデメリットがあります。

また、業務自体を委託するので社員が細かくチェックするということが出来ない点も注意が必要です。

一方、派遣の場合は、企業へ依頼することで人が派遣されてきます。

その派遣された人材に仕事を教えて業務をこなしてもらいます。

社内のスペースを使って、仕事の進め方などを社員が教え仕事をこなしてもらうことになるので社外秘の仕事なども作業してもらうことが可能です。

しかし、途中で何か問題がおきて派遣スタッフが変わるような場合は引継ぎが必要になります。

アウトソーシングと派遣、向いてる業務はこんなもの!

アウトソーシングに向いている業務

アウトソーシングは業務を企業へ委託するものです。

  • 社内で行う必要のない仕事
  • 社内にスペースがない場合
  • 社内に人が増えても教育する時間や社員がいない
  • ルールが変わらない・単純作業

こうした仕事であれば、アウトソーシングへお任せした方が良いといえるでしょう。

派遣に向いている業務

人材が実際に会社へ配属されるのが派遣です。

  • 目の届くところで作業をしてほしい場合
  • ルールが変わる・イレギュラー対応がある仕事
  • 複数業務だが少人数でさばける内容

こうした仕事であれば、派遣へ依頼する方がいいでしょう。

アウトソーシングと派遣の違いを知って業務の委託を効率よく

アウトソーシングと派遣の違いは、仕事を任せる相手が『企業』か『人』かという点です。

アウトソーシングであれば、業務を丸投げできるため、社内に作業スペースを設けたり、人材を育成したりする必要がないという特徴があります。

その反面、社員が仕事内容を細かくチェックをすることはできませんし、ノウハウが残りません。

一方、派遣であれば実際にスタッフが会社に派遣されてくるので、社外秘の仕事を任せたり、イレギュラー対応が必要な時に社員がチェックしたりすることが可能です。

ですが、時間をかけて仕事の進め方などを教えてもスタッフに何かあった時は別のスタッフに引継ぎをする必要が出てくる可能性もあります。

それぞれの特徴をふまえた上で業務を依頼するようにしましょう。

この記事についてのご質問は「オンライン管理部」まで

☞「オンライン管理部」について