売り上げを増やすアイデア8選!ベースを整えて着実に結果を出す方法

「売り上げを増やしたい」これはフリーランス、個人事業主、法人運営者どんな人でも悩んだことがある課題だと思います。

この記事では、「具体的にどのような対策をすると効果的なのか」をお探しの方に向けて、どんな業界でも取り組みやすいアイデアを多数ご紹介します。

SNSを活用し認知度を高める

現代では誰しもが自分のデバイスを持ち、どこからでもインターネットにアクセスがしやすい時代になりました。

「見たことがある」につながる機会を増やすことで、自社への導線を引きやすくなります。

特に、インスタグラムやツイッター、YouTubeなど多くの人が使っているSNSプラットフォームを利用して広告を打つことや、商品の紹介をして人に知ってもらうことは重要です。

存在を知らない商品を購入することは不可能です。

まずは人に認知されることから徹底するのがおすすめです。

品質を最大限にする

たとえ商品を認知されたとしても、良い商品を提供していなければ選んでもらうことはできません。

唯一無二の商品であれば競合は少なくなりますが、多くのものが出回っている現代では難しい戦略です。

お客さんが商品に触れるとき、その魅力をしっかりと感じ取ってもらうためにも、まずは品質を最大限になるまで磨き上げておきましょう。

お店のファンを作る

商品が魅力的なことは重要ですが、お店自体に違和感を覚えられてしまうと、長く付き合ってもらうことはできません。

そこで重要なのは、マンパワーです。

モノが提供できない「満足感」や「安心感」を重視してお店のファンを作ることで、競合への差別化を図ることも可能です。

商品の質自体に悩んだお客様が、「でもあっちの方が気持ちよくお金を払える」と思ってもらえるようになることが、売り上げアップに繋がります。

提案を心がける

求められているものを提供するのは、運営側としては当たり前です。

必要なものを判断して、的確に商品を提供するのは非常に重要なことです。

しかし、相手が「欲しい」と言っているものを提供するだけでは、不十分な場合があります。

よく話しを聞いていると、お客様が思い込みで欲しいと思っているだけで、実はもっと条件に合う商品がある場合もあります。

だからこそ、必要だと言われたその先のニーズも埋められるような「提案」をすることで、相手の満足度が跳ね上がるケースは多いです。

「お客様が欲しいものは本当にそれなのか」「その先にある潜在的なニーズを満足させるための提案はできないのか」常に真剣に向き合うことが重要です。

流行りを把握して紹介する

「これがウケるはずだから」とひと昔前に流行ったものを紹介し続けていませんか?

時代の流れが変わるのは非常にはやいので、常に「今」話題になっているものに目を向けておく必要があります。

最先端技術、最先端ファッション、最先端用語…古臭いプラットフォームを使い続けるのも無駄な出費や労働に繋がります。

今の人が魅力的だと感じる流行りをしっかりとリサーチして行動に移すことが、売り上げを増やすためには必要不可欠です。

まずは無料で試してもらう

売り上げを増やすことばかりに目を向けてしまうと、単価が高いものを多く売りたい、という思考になりがちです。

しかし、「無料」は何よりも人を惹きつけるワードです。

評判の良い2つの商品があったとき、無料のものがあったらまず試してみたいですよね。

結果が良ければ、継続して使いたくなるので、購入に繋がります。

「興味はあるけど、お金を払って後悔するのは嫌」という最初のステップで足止めされてしまうと、購入してもらうのは難しいです。

まずは小サイズで試してもらい、商品の魅力を知ってもらうことでリピーターを獲得することが売り上げを増やすためのコツになります。

この作戦は「リピート」を増やすことで売り上げの伸びが期待できる商品を扱っている人に有効で、1回きりの購入を求める場合には不向きです。

明確なペルソナを決める

「どんな人に購入してもらい」「どんな目的で利用」して欲しいのかを明確に決めることが重要です。つまり、ペルソナの設定です。

「どんな人にも需要がありそう」な万人うけを狙いたくなりがちですが、これでは「誰にも響かない」中途半端な商品を作り上げてしまいがちです。

ペルソナの設定は、その人の状況に近い多くの人に響く商品づくりのために非常に重要なステップです。

どんな意見にも親身に対応する

今の時代は、店頭だけでなくインターネット上からも簡単に質問や意見を言うことができます。

ときにはあまり聞きたくないような意見や、反発したくなるようなお客様もいるかもしれません。

しかし、そこも親身になり、終始丁寧な対応を心がけることで、周囲からのお店の評価や、信頼度が上がります。

経営をする側はプロとして、ときに感情にとらわれることなく冷静に対応することが、最終的に「売り上げを増やす」ことに繋がるのです。

「売り上げを増やす」ヒントは見つかりましたか?

どんな経営者でも、今すぐに始められることばかりだったと思います。

とは言え、「やろう」と思わなくては見逃してしまいがちなポイントばかり。

目的を見失いそうになったら、またこの記事に戻ってきて、方向修正をしてもらえたら嬉しいです。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について