Twitterを企業で活用するために知っておくべきこととは?アカウント運用担当者の心得!

最近では多くの企業がSNSを運用しビジネスに活かしています。

運用担当者の中にはTwitterよりページ機能の観点からコミュニティが作りやすいFacebookの方が運用しやすく効果的と思っている方も少なくないでしょう。

しかしながらTwitterは、匿名性によりユーザー同士の距離が近く趣味層や若者層が多いといった特質すべき長所があります。

有名企業のなかにはTwitterアカウントを持ち、マーケティングやPRに活用し、効果を挙げているところも増えてきています。

本記事ではTwitter初心者の運用担当者が知っておいて損はない、Twitterのビジネス活用にについてまとめました。

Twitterの特徴

Twitterとは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一つとして無料で利用できます。

誰とでもつながりコミュニケーションがとれるのがSNSですが、Twitterの特徴を詳しく知っておきましょう。

Twitterは他のSNSと異なり、1回の投稿の中で140文字までという文字制限がります。

“ツイッターでつぶやく”という表現が相応しいSNSです。

文字制限はあるものの、画像や動画も一緒に投稿することも可能ですので、フォロワーの心を掴む投稿をすることでいいねなどのリアクションやフォロワー数が上がることもあります。

Twitterは様々な話題がリアルタイムで流れてくる即時性が抜群で最大の特徴でもあります。

リツイート機能などを使うことにより圧倒的な速さで話題が拡がり、他のニュース番組などよりも先に情報を得ることが多くあります。

しかしこれらの特徴の使い方を間違えると特定の人に対し誹謗中傷のツイートになってしまったり、炎上することもあるため注意が必要です。

Twitterアカウント作成時に、注目すべき点とは

ここでは、アカウント作成時に重要な点について解説していきます。

まず、最も重要になってくるのがユーザー名です。

Twitterで企業のPRを行う場合はユーザー名に企業名、店舗名などを含ませると効果的です。

Twitterアカウントのユーザー名はツイートする際に表示され、多く他の人の目に付く名前となります。

すでに他で使われているユーザー名を使用することはできません。またユーザー名はプロフィール設定画面のユーザー情報で変更することができます。

アイコンやカバー画像もユーザーの目に触れることが多いのでインパクトのある画像を選択したり、企業ロゴや運用担当者の似顔絵や顔写真をとりいれると効果があるようです。

カバー画像はページへアクセスしたユーザーに対して、ブランディングや企業アカウントを周知するのに重要なものとなります。

企業の代表的な取扱商品やキャンペーン中の商品などの画像を表示することもおすすめです。

なお、それぞれ推奨サイズはプロフィール画像が推奨サイズ400×400ピクセル、カバー画像が1500×500ピクセルと大きさに制限がありますので注意して作成しましょう。

Twitterの特徴を利用してユーザーを引付ける投稿をしよう

Twitter気軽につぶやいたり、閲覧したツイートをリツイートし拡散できるオープンなSNSです。

そのようなSNSなので企業ではTwitterを活用することが必須と考えられます。

しかし、どのような投稿が好ましいのか悩む方も多いと思います。

迷った場合、まずは、最新情報をできる限り分かりやすく簡単に発信することが何よりも大事です。

基本的にTwitterなどを企業で運用していく場合においては、投稿する内容の一文目に新商品販売!やセール開催中!などのPR文を入れることが一般的に行われています。

顧客の目に留まるようなキャッチコピーを入れたり、画像や動画を貼りつけることでもツイートを閲覧したユーザーはイメージが膨らむのでおすすめです。

また、たとえば夕食前に献立に関連した内容の投稿など時間に合った情報を発信したり、おもしろネタ・かわいいネタは拡散されやすい傾向にあるため、時には違った目線から楽しませ投稿などもツイートしてみるのも良いでしょう。

企業のTwitter運用でカギとなるエンゲージメント率

Twitterのエンゲージメントとは、あるツイートに対しユーザーがリアクションした数ということになります。リアクションとは、いいねやリツイートなどのことを指します。

エンゲージメントでは、例えば、ツイート時に添付された画像や動画、URLリンクやハッシュタグがクリックされた回数及びいいね・リツイート・返信などの様々なリアクションの回数結果が表示されます。

そのエンゲージメントの総数をインプレッションで割ると、エンゲージメント率が算出されます。

エンゲージメント率とは、ひとつの投稿に対して各SNSが定める「エンゲージメント」が発生した割合です。

エンゲージメント率を分析することでその投稿に対するユーザーの反応を知ることができ、どのような内容のツイートに多く注目が集まったかが分かります。

また、企業としては消費者との結びつきの度合いを把握する目安にもなります。

ツイートの効果はエンゲージメント率の値で確認することができます。

エンゲージメント率が高いと効果があったツイートといえるでしょう。

エンゲージメント率が低い場合は、ツイートの投稿時間などを変更するなどして、エンゲージメント率を高めていきましょう。

どのくらいのユーザーに閲覧されたのかということも重要ですが、それ以上にエンゲージメント率を意識し重要視したいところです。

Twitterの企業アカウントの運用についてまとめ

企業でTwitterを運用していくにあたり、基本的な重要事項について解説してきました。

初めは戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れてくると楽しめるソーシャルメディアでTwitterでは他にも魅力があります。

今後の目標としてエンゲージメント率を見ながら、ツイートの効果分析をし、見極めることで、よりユーザーに届くツイートを目指すことができるようになります。

まずはツイートする投稿内容や時間帯などでどのような違いがあるのか探っていくと色んな発見があり、今後の投稿にも役立つことでしょう。

ユーザーのハートを掴むようなツイートを目指しましょう。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について