ランディングページとホームページの違いは?それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介

とある企業や商品名を検索した時、ウェブサイトが2つ検索された、という経験をした方は多いのではないでしょうか。

この場合、ウェブサイトの1つはホームページ、もう1つはランディングページです。

この2つは何が違うのでしょうか?

ランディングページとホームページはそれぞれ役割が違います。

今回は、それぞれの特徴とメリットやデメリットを解説していきます。

ホームページとランディングページそれぞれの特徴

ホームページの特徴

  • ページ:複数のリンク先・ページから構成されている
  • 目的:商品や会社、生産者の情報をユーザーに知ってもらう
  • 集客方法:検索エンジンからの流入
  • デザイン:ホームページ全体でデザインを統一

ホームページは、デザインが全体的に統一されており、複数のリンク先、ページで構成されています。

生産者情報や商品の詳細など情報量が多く、ユーザーのホームページ滞在時間を長くすること、検索エンジンからの集客をすることが得意です。

反対に、商品を買ってもらうなど、ユーザーの行動を促すことは得意ではありません。

あくまでも、ユーザーが「この情報をもっと知りたい」と思った時に必要な情報を取得するためにホームページは作られています。

ランディングページの特徴

  • ページ:縦長の1ページのみ
  • 目的:訪問者の行動を促進する
  • 集客方法:ネット広告など
  • デザイン:ブロックごとにデザインが変わりメリハリがある

ランディングページはホームページと違い、ページ数は1つだけです。

また「他のページまで見てもらう」ホームページと違って、ランディングページは「スクロールしてユーザーの行動を促進」することを目指しています。

スクロールしてもらうために、1ページといえどデザインやレイアウト、フォントがバラバラでメリハリがつくようにデザインされておりストーリー性があるのが特徴です。

また、商品の購入や資料請求など、ユーザーの行動を促進することが目的なので他のページへのリンクはありません。

ホームページと違って、ランディングページは行動促進のための訴求ページ1枚だけで成り立っています。

そのため検索エンジンからの流入は望めません。

ホームページとランディングページのメリットとデメリット

ホームページのメリット

ホームページは情報を発信し続けてページ数を増やすことで検索エンジンの上位に表示されることを目的としています。

検索エンジンで上位表示されれば、多くの集客が望めますし、ホームページがSNSで共有されれば知名度が上がります。

ホームページのデメリット

ホームページは作成に時間がかかります。

また、時間をかけて作成したページであっても「ユーザーが求めている情報でないページ」は誰にも見られないという可能性があります。

またホームページを運営するさいに維持費などのコストもかかります。

ランディングページのメリット

ランディングページは広告を見たユーザーが行動を起こしやすいというメリットがあります。

他のページへのリンクがひじょうに少なく「購入はこちら」「資料請求はここから」といった、ユーザーの行動を促進するデザインになっているため成果に結びつきやすいといったメリットがあります。

ランディングページのデメリット

ランディングページは訴求力のあるページ1つだけで作成されるため、検索エンジンから検索されにくいといったデメリットがあります。

ランディングページにユーザーを誘うような仕掛けを作らなければなりません。

ホームページとランディングページは役割が違う!

ホームページとランディングページはそれぞれの役割があります。

そのため、どちらか1つだけ作るのではなく、2つとも作る事をおすすめします。

ホームページで集客と情報提供を促し、ランディングページで成果へ結び付けるといったように2つをうまく組み合わせる事がウェブ集客を成功させる秘訣です。

ホームページとランディングページの違いまとめ

ホームページは複数のページから構成され、ユーザーへの情報提供と検索エンジンによる集客が得意です。

対してランディングページは、商品説明に特化しており、ユーザーの行動を促進することに秀でています。

ホームページは検索エンジンからの集客によって訪問者数を増やしたり、SNSでシェアしてもらうことにより知名度を上げられるといったメリットがある反面、作成に時間がかかったり、せっかく作ったページをユーザーに読んでもらえないといったデメリットもあります。

ランディングページは1ページでのみ構成されるので、検索で上位表示されることでのユーザー訪問は期待できません。

そのため、ランディングページに繋げるような仕掛けが必要です。

ホームページとランディングページにはそれぞれ短所と長所があります。

どちらか1つだけ作成するのではなく、ホームページとランディングページを2つとも作成して「集客」と「ユーザーの行動促進」をうまく組み合わせる必要があります。

最初はホームページを作成して、少しずつ情報を増やしていくことをおすすめします。

情報がふえたところで、それぞれの目的に合わせたランディングページを作成しても良いですね。

双方のメリット、デメリットを踏まえて、目的と運用方法をしっかりと設定していきましょう。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について