ホームページの作成費用!個人(フリーランス)に依頼したら安い!?失敗しないコツも伝授します

ホームページを作成する時、できるだけコストは抑えたいものですよね。

そんな時はホームページ作成を、制作会社ではなく個人のフリーランスの方へ依頼する方法があります。

ですが気になるのが、個人へ依頼した時の費用やリスクですよね。

この記事では、ホームページ作成を依頼する時に、発注先によって違う特徴や費用相場について解説します。

また個人やフリーランスへホームページ作成を依頼する時に、失敗しないための注意点も合わせてお伝えします。

ホームページ作成には「制作会社」「個人」「自分」3つの方法がある

制作会社に依頼した時の費用や特徴

「しっかりしたホームページを作成してほしい」と考えるなら、制作会社に依頼しましょう。

制作会社に依頼する時の費用相場は「30万円~100万円以上」と幅広くなっています。

高額ですが、ホームページのクオリティが高くなり、サポート体制も整っているのが特徴です。

制作会社に依頼した時のメリットとして「信頼度が高い」という点があげられます。

制作会社には「デザイナー、コーダー、プログラマー」といったさまざまなクリエイターが在籍しており、分業してホームページの制作をします。

多くの方が関わっているため人件費や販管費など、費用が高くなってしまう点がデメリットと言えるでしょう。

またルールや規約が多く、対応に柔軟性が欠ける事もあります。

個人(フリーランス)に依頼した時の費用や特徴

個人(フリーランス)にホームページ作成を依頼した場合、一人でホームページの作成にあたります。

そのため制作会社へ依頼する時と異なり、人件費が抑えられます。

費用としては「10万円~30万円」ほど、となっています。

経験と知識のあるプロへ依頼すれば、高いクオリティと独自性の高いデザインでホームページの作成をしてもらえるでしょう。

またルールや規約の多い企業と違って、交渉次第で幅広い要望に応えてもらえる点が個人へ依頼するメリットと言えます。

ただし、依頼する時は慎重に。

安く請け負ってくれる個人の方は、多くの場合テンプレートを使いまわしている場合が多く、デザインの独自性やクオリティは望めません。

また、企業と違って信用力に欠けるのが個人へ依頼するデメリットです。

納期が遅れたり、作業の途中で音信不通になってしまったりということも…。

自分で作成する時の費用や特徴

ホームページの作成を自分ですることも可能です。

今はホームページを作成するツールがあるので、誰でも簡単にホームページを作成できます。

自分で作るのですから、費用が掛からない点が大きなメリットですが、準備に時間がかかる、独自性の強いホームページが作りづらい、トラブルがあったさい、自分たちで対応しなければならない点がデメリットです。

個人にホームページ作成を依頼して失敗しないための4つ注意点

ホームページ作成の目的やゴールを設定する

どのような目的でホームページの作成するのか、ホームページを運営して達成したい目標は何か?

こうした点を最初に確認しておきましょう。

「名刺代わりにホームページを作成しておきたい」のであれば、費用の低い個人へ依頼することをおすすめします。

「クオリティの高いホームページを作成し、ウェブ集客に力を入れたい」という場合は、価格が高くても品質が担保されている実績のある個人フリーランスへ依頼するべきでしょう。

必要なページを絞ろう

当然のことながら、ホームページを作成するにあたってページ数が多いと、費用が高額になりがちです。

ホームページの目的とゴールを設定したら、必要なページをある程度絞っておきましょう。

費用が格安な場合は事前にしっかりと調査を!

安価でホームページの作成を請け負っている個人やフリーランスへ、すぐに依頼するのはおすすめできません。

安価でホームページの作成を請け負うには理由があります。

  • 価格を下げなければ誰も買わないほど品質が低い
  • テンプレートを使いまわしている

こうした場合は、商品価値の低いホームページを納品されたり、後になって不具合が発生したりする可能性があります。

中には「独立したばかりのため、知識や経験は十分だが安価で請け負っている」という個人もいます。

依頼を出す前に以下の3点はしっかり調査しておきましょう。

  • ホームページ作成の工程を一人でこなす技術力があるか
  • 過去の制作物や実績があるか
  • こちらが依頼した事に対してきちんと提案ができているか

やり取りをしてみて、信頼ができる人物かしっかりと確認しましょう。

ウェブデザイナーに発注しよう

ホームページ作成を個人のフリーランスへ依頼するさい、プログラマーとウェブデザイナーがいることに気が付くかと思います。

ホームページ作成を依頼するさいは、まず「ウェブデザイナー」に発注しましょう。

ウェブデザイナーはサイト全体の構成やデザインの作成が可能です。

一方で、プログラマーはホームページに込み入った動作をさせる際に必要なプログラミングも知識を有しています。

ホームページを作成するさいはウェブデザイナーへ、ホームページに機能を付けたい場合はプログラマーへ依頼しておくと覚えておくといいでしょう。

ホームページ作成費用!個人への依頼まとめ

自社でホームページの作成をするさい、コストを抑えるなら個人のフリーランスへ依頼するというのも選択肢の1つです。

個人でホームページの作成をする場合、制作会社と違って全ての過程を一人でこなすため、人件費や販管費を抑えられるため、企業へ依頼するよりも低価格でホームページの作成を依頼できます。

ただし安いからと、すぐに依頼を出すのは要注意!

「テンプレートを使いまわしている」「商品価値の低いホームページを納品される」といった話も多く聞かれます。

依頼する前に、個人のホームページの過去制作物や実績を確認して、自社が求めるイメージと合っているかきちんと確認しておきましょう。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について