Facebookビジネスマネージャの活用方法は?作成するメリットから活用法まで解説

ビジネスでFacebookを活用している企業が多くなっています。

しかし全ての機能を使いこなせているかというと、自信のないweb担当者もいるのではないでしょうか。

Facebookのビジネスマネージャはきちんと理解し、活用できていますか。

この記事ではFacebookのビジネスマネージャとは何か、作成するメリットや活用方法、ビジネスマネージャを作成できない時の注意点などを解説していきます。

便利な機能を有効活用してマーケティング施策を推進していきましょう。

Facebookのビジネスマネージャとは?

ビジネスマネージャはFacebookで全てのマーケティング・広告を一元管理できる機能です。広告を作成する、Facebookページやインスタグラムプロフィールなどの複数のアセットを管理できます。

例えば代理店業務を行っている企業では、複数のクライアントの広告アカウントを複数人で管理していますよね。

そんな時に有効なのがFacebookのビジネスマネージャ機能。

この機能で管理できる内容としては、以下のものがあります。

  • Facebookページの作成や連携
  • インスタグラムアカウントの連携
  • Facebook、インスタグラム、広告アカウントにアクセスできるユーザーの管理
  • 広告アカウントの作成と管理
  • カタログ(商品データフィード)の管理
  • ドメイン認証

Facebookのビジネスマネージャを作成するメリット

作業が効率化できる

ビジネスマネージャを活用すれば、Facebookページやインスタグラムのアカウント、広告アカウントを一元管理できます。

もしビジネスマネージャを導入していなければ、作業ごとにログインし直す必要が生じます。これでは面倒ですよね。

ビジネスマネージャであれば、管理画面から複数のページを管理できます。また複数ある広告アカウントの支払い方法を1つにまとめることも可能です。

セキュリティを強化できる

同じチームで担当者が多くいる場合、ユーザーごとにアクセス権を変更・設定できます。提携先の企業にもログイン情報を共有することなく、アクセス権限を付与でき、不要になった時はアクセス権を削除できます。

また普段と異なる端末からログインする場合は二段階認証を求められるなど、セキュリティが強化されるのもビジネスマネージャを利用するメリットといえます。

仕事とプライベートを区別できる

ビジネスマネージャへログインするためには、Facebookの個人アカウントが必要です。しかし、ビジネスマネージャ上では個人アカウントは共有されません。

そのためプライベートと仕事で区別して管理できるようになります。

Facebookのビジネスマネージャの活用例

Facebookとインスタグラムを連携させたい

Facebookとインスタグラムを連携させている場合、両方の広告を紐づけたり複数人で管理できたりするようになるため便利です。

Facebookとインスタグラムを連携すると、インスタグラムのショッピング機能が使用できるようになります。

画像や動画をメインコンテンツとしてインスタグラムを運用している場合、2つを連携することで利益につながりやすくなるので覚えおきましょう。

プライベートとビジネスを分けたい

かつてFacebookページを共有で管理する場合、既存の管理者と友人にならないと追加ができませんでした。そのさい、個人的なメールアドレスを開示したり、個人の投稿が閲覧されたり、といった点が大きなデメリットになっていました。

Facebookビジネスマネージャを導入するには個人のFacebookアカウントが必要ですが、個人の投稿やプロフィールなどの情報は他の管理者やユーザーには閲覧されません。ビジネスとプライベートを分けて管理することが可能になったのです。

Facebookとインスタグラムで広告を出稿したい

Facebookビジネスマネージャを導入しなくても、複数人がFacebook管理者となって広告を出稿することは可能です。ですがその場合は複数の広告を管理するのに、編集したい広告のアカウントにその都度ログインし直す必要がありました。Facebookのビジネスマネージャは1度ログインすれば、複数の広告アカウントが管理できます。

複数人で管理したい

企業内の担当者や外部のアナリストなど、複数人でFacebookを管理しているケースが多くなっています。ビジネスマネージャであれば、ユーザーごとにどこまで閲覧、編集ができるかの権限を細かく設定して付与することが可能です。

もちろん不要になったさいは、権限を削除することもできるので安心です。

Facebookのビジネスマネージャのアカウント作成方法

Facebookのビジネスマネージャアカウントを作成するのは3ステップで簡単にできます。

ステップ1・Facebookの個人アカウントを作成する

Facebookの個人アカウントが必要です。もし持っていなければ個人アカウントを作成しましょう。

ステップ2・ビジネスマネージャページにアクセスする

ビジネスマネージャのページにアクセスし、右側上部に表示されるログインボタンを押してアカウントを作成しましょう。

ステップ3・必要な項目を入力する

アカウントの作成には以下のような項目を入力する必要があります。

  • ビジネスおよびアカウントの名前
  • あなたの名前
  • 仕事用のメールアドレス
  • 会社の住所やウェブサイト
  • ビジネスの目的「自社の宣伝」もしくは「他社の宣伝」

入力後、送信ボタンを押せばアカウントの作成は完了です。

登録したメールアドレス宛に認証メースが届くので認証を行うのを忘れずに!

ビジネスマネージャが作成できない時の注意点

Facebook広告のポリシーに反している

Facebookビジネスマネージャが作成できない場合、広告ポリシーに反していないか確認しておきましょう。

違法なサービスや差別的な内容はもちろんのことですが、誤解を招くような表現で購入を促す情報商材や、過剰な表現を使用した美容・健康に関する広告はポリシーに違反しています。

作成代行には要注意

最近は不正利用や不正アクセス防止のため、1つのFacebookプロフィールで作成できるビジネスマネージャアカウントが1つに制限されているようです。

また、過去にビジネスマネージャを不正利用してアカウントを削除された企業や団体などが報酬を払って「作成代行」を依頼するケースがあります。こうした作成を請け負ってしまうと、後々のトラブルに発展することがあるので注意しましょう。

Facebookのビジネスマネージャでマーケティングをもっと効率的に!

Facebookのビジネスマネージャは設定が完了すれば、Facebookページやインスタグラムアカウントが一元管理でき便利です。

複数人で広告を運用している、プライベートとビジネスでアカウントを分けたい、こうした悩みがあるならFacebookのビジネスマネージャを活用しましょう。

この記事についてのご質問は「オンライン広報部」まで

☞「オンライン広報部」について